« 笑う、二人組 | トップページ | 東京湾から見た風景 »

朝ポタと、

以前より撮りたかった、辻堂駅北口再開発の風景をやっと撮りました。
近い将来は、大規模病院や湘南最大のモールになってしまうらしいです。

Dscn1846_750562

その後、海に戻って、高砂通りへ。
昔の家が近いので、懐かしい。
この地に多い松の木も、ずいぶん少なくなりました。

Dscn1849_420560_2

Dscn1853_750562

茅ヶ崎球場の芝生に腰を下ろして静月のパンを食べながら
携帯経由でSNSを見ていたら、ショッキングな訃報でした。

逝ってしまった人をおくるには、皆でその人の思い出を語るのが良いと年寄りから聞いたことが有ります。
中・高校生時代に“ラプソディー”が出ました。
そのアルバムのオープニング曲に軽い衝撃。
当時、アメリカンTOP40ばかり聞いていた私は、この1曲に驚きました。
『これ、日本のストーンズなのか?』

|

« 笑う、二人組 | トップページ | 東京湾から見た風景 »

生活ログ」カテゴリの記事

コメント

懐かしいっすね!
小川銀次さんのアレンビック(かな?)のギターと
チャボさんの335が果たしてROCKか?というと…(笑)
僕はチャボさんファンなんで
テンイヤーズアフターのアルビン・リー が335だったんで
許します(爆)

でも、悲しいっすね

投稿: jin | 2009年5月 3日 (日) 22時40分

jinさん

ホント突然の訃報に、たまらなく悲しいっす

また素人相手に、キツイお話しを!(笑)

>小川銀次さんのアレンビック(かな?)のギター
ビデオ見て、B.C.リッチだ!と、叫びました

>チャボさんの335
335は、ラリー・カールトンのイメージしか無く・・

>テンイヤーズアフターのアルビン・リー が335
何のことだか、わかりません!

(爆)

投稿: 豆屋 | 2009年5月 3日 (日) 23時15分

この茅ヶ崎の雰囲気が SC 大きな ショッピングセンターに 飲みこまれるのは もったいないような気がします

うちの息子が退院したら 是非、襲撃させて下さい♪

私の年代は 「いけなりルージュマジック」

投稿: Aママ | 2009年5月 4日 (月) 00時16分

すんません

「いけない」 でした 

投稿: Aママ | 2009年5月 4日 (月) 00時17分

Aママさん

襲撃、オーケーですよ fuji
ご家族・ご近所さん、お誘い合わせの上

私的には、モール大歓迎(笑)!
もうひとつ広大な再開発計画も有りまして、
そちらには、コストコ進出との噂も・・・
そうなったら、BBQ の回数も増えて飲み過ぎます(笑)

投稿: 豆屋 | 2009年5月 4日 (月) 09時38分

連続コメント失礼します
ALMBICは渡辺香津美さんが昔使ってましたね
ぐぐってみたら銀次さんも、RC時代は本物、
近年はグレコから出たコピーモデルも使っているようです
木目の奇麗な当時は超高級ギター

そうなんですギブソンのES-335はラリーカールトンで有名ですよね
テン・イヤーズ・アフターは
元祖早弾きギタリストのアルヴィン・リーが居た
ブルースロックのバンドで彼も335を使ってました

チャボさんのギターですが335じゃなくて
ES-340TDってモデルの様ですね
間違いました(笑)失礼致しました

元へたくそベース弾きですが、ギターも好きなんですよ!
ご容赦くださいませ!

投稿: jin | 2009年5月 6日 (水) 11時39分

jinさん

連コメ、Welcomeです!。詳細な情報ありがとうございました!
jinさんが音楽&ギター話しで書き込みしてくれると、マジ楽しんでおります!

ごく数年前に、NHK教育3chで渡辺香津美さん講師によるギター教室の連続放送なんてぇのも有りました。放送教則本も買ったのですが途中で挫折です(笑)

テン・イヤーズ・アフターは、有名なアイム・ゴーイング・ホームしか知りません(泣)
言い換えれば、「レイナード・スキナードは、名曲フリー・バードしか知らない」と同じレベル。その程度なのです(爆)

>元へたくそベース弾きですが、ギターも好きなんですよ!
最高じゃないですか!
私なんぞ、ギター弾けないのに家にマーチン2本も有って最低男ですよ!(笑)

投稿: 豆屋 | 2009年5月 6日 (水) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512759/44884644

この記事へのトラックバック一覧です: 朝ポタと、:

» 逝ってしまわれましたか… [☆仁屋☆ slow ride]
忌野清志郎さんの想い出 自転車に乗り始めてから清志郎さんがより近く感じられる様になりました 広く考えると同じ音楽業界 とは言っても大御所で表に立つ人とペーペーの裏方ラジオディレクターとは 雲泥の差ですが…でも自転車という共通点で親近感を持っていました もう十数年前になります 某埼玉の放送局で番組のゲストコーナーの録音があって 清志郎さんがマネージャーさん、レコード会社の人より 1時間以上早く到着してしまいました 東京から埼玉への車移動、余裕を持って来られたんだと思い... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 22時42分

« 笑う、二人組 | トップページ | 東京湾から見た風景 »